ポール ヘニングセンの光


         
f0186719_0503771.jpg


          店内を飾るオブジェ
          内装を考えていく前から PHの照明はどこかに設置したいと思っていました
          北欧家具も置きたかった。
          花屋に北欧家具?
          どう考えてもミスマッチですよね〜(泣)
          でも照明だけは、こだわれる様な気がして薬院の『NEST』の副島さんに相談していました。
          最初は『PH5』という お皿を重ね合わせたシンプルなペンダントライト(色は わさびグリーン)を選んでいたのですが、
          最終的には 8層のシェードで構成されている『スノーボール』を選びました

          デザインを手掛けたのは 『ポール ヘニングセン』というデンマークの建築家
          どこから見ても光源が見えず、とても柔らかい光で空間を演出し照らしてくれています
          毎日、うっとりと見とれています
          
          まさしく 光という無形物のデザインにこだわり抜いた、部屋を飾るオブジェです!
          素敵です。
[PR]
by verdure-fleru | 2009-04-16 01:21 | お気に入り | Comments(2)
Commented by okko at 2009-04-16 21:50 x
mamiさん、ちょっと遅ればせながらopenおめでとうございます!
バスの窓から、毎日見てますよ~。すっごくシックで、お洒落で…
一瞬だけ見えるお花もとってもキレイ!(バスの車窓からなので、かなりの動体視力が必要なんですけど…)
そして、シックなお店の窓で、さりげな~い存在感を放っているスノーボール!PHの照明が大好きな私としては「やられた!」感いっぱいです(笑)
これからとっても楽しみですよね。ますますのご発展とご活躍をお祈りしてます。
Commented by verdure-fleru at 2009-04-16 22:49
okko さま
ありがとうございます
バスの車窓から見える風景 店内が忙しくしていたらいいな♪
花屋なんですが,PHの照明がもたらす美しい時間に毎日酔いしれております
近くで見ると、もっといいっすよ〜遊びにおいで♪

<< シャクヤクがやってきた 照明とは? >>