11月のFlower Lesson



         11月のレッスン日が決まりました
         今月はクリスマスまで楽しめる、豪華なツリーを作ります

         余談ですが・・
         日本の行事での お正月
         しめ縄で、何げなく使っている 花材は 意味があるものなんです
         
         クリスマスに関しての花&植物のアイテムにも意味があり、使う背景を知ると もっとクリスマスが楽しめるかもです 。


         11月
            1週目 水曜日・木曜日 am 11:00~
                土曜日 pm 14:00~

            2週目 水曜日 am 11:00~
                土曜日 pm 14:00~
                

            3週目 水曜日・木曜日 am 11:00~
                    水曜日 pm 19:00~
                土曜日 pm 14:00~

            4週目 水曜日・木曜日 am 11:00~

            花材の仕入もあるので早めの予約をお願いいたします
            場所*VERDURE DECO店内
            受講料 ¥5,000(器込み)
            予約電話 092−215−1871 
            持参されるもの(ハサミ お持ち帰り時の袋など)
          
f0186719_2134897.jpg

            クリスマスツリー
               本来 よく用いられているのが、モミの木などの常緑高木
               日本では根つきを使う事が多いが、日本以外は切った木を飾ります(大切な物を切ることに意味がある)
               神が降りてくる所と信じられています
               
               ヴェルデコでの クリスマス定番アイテム
               クリスマスツリーアレンジ
               ヒバの 空気殺菌効果と リラックス 出来る香りを、十分に 楽しんで下さいませ

          



            

         

        
         
          
[PR]
by verdure-fleru | 2009-11-03 21:31 | Lesson | Comments(4)
Commented by J.H.V. suke at 2009-11-04 19:01 x
ヴぇるでこ先生
こんにちは。
本日、Mayoがお世話になりました。ありがとうございます。
出来の悪い生徒で、先生の様には出来なかったようですが、
それでもかわいらしく(誰かの体型だとか)仕上がっており、
前回のリース同様、店に置かせてもらいました。

一緒の生徒さん達とのお話も、とっても楽しかったようです。
ほんとにありがとう。

気が付いたら、もうすっかり冬なんですね。
福岡の初めての冬、とても楽しみです。
これからも、Mayo共々よろしくお願いします。
Commented by verdure-fleru at 2009-11-04 21:09
J.H.V suke さま
こちらこそ 楽しい時間でした。
最初、mayoちゃんの作品は とてもスリムな形だったのですが・・・出来上がりは やはりガッシリしたツリーとなりました。
皆さんが作る作品はどれも違ってまして、好みの男性の体系につながっている・・・っと勝手に読んでおります。
福岡での初めての冬
思い出たくさん作りましょう!
そして第2の故郷にしてくださいね。Friends=家族ですよん♪
Commented by anise at 2009-11-10 00:10 x
今月も新しい風を御願いいたします(フラワー教室)。

私のおうちはシンプルですが月に一度のまみさんの教室で新しい風がふいています。白い壁にリース光っておりますよ。

今月ははじめから無口で頑張りますね。

来月から木曜日に御願いしようかしら。

月に一度通う予定です。

スエナガイお付き合いを。
Commented by verdure-fleru at 2009-11-10 22:09
anise さま
わぁ〜お!!!
無口なんて ありえないです!!!
aniseさんの楽しいお話が、何よりの楽しみなのに〜〜〜。
最初からガンガントークでお願いいたします!
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
<< 自然を感じて・・・ BIRTHDAY FLOWER >>